今が幸せ

幾つになっても興味と好奇心を持つ事を忘れないで前向きに生きてます。

東北旅行2日目 (1) …角館散策

9月8日………2日目

今日は午前中に角館の武家屋敷を散策して、

12:18発の新幹線に乗車しなければならないので急ぎます。

 

朝食後チェックアウトー駅前からタクシーで《内町、武家屋敷通り》へ

                                                     🚕(910円でした)

 

早朝の武家屋敷通りは、黒板塀の外で落ち葉を掃く人の姿しかなく、

そこだけが別世界のような涼やかな空気が流れていました。

桜の時期にはピンクの無数の花が黒板塀を覆うという有名な枝垂れ桜は、

今は美しい深緑の大樹となり通りを覆うように日陰を作ってくれています。

 

f:id:yamaboushitan:20170914091858j:plain

 

f:id:yamaboushitan:20170914101556j:plain

 

f:id:yamaboushitan:20170914092108j:plain

9時のオープンを待ち石黒家、青柳家、樺細工伝承館などを見学。

しばしの間、各家に脈々と引き継がれる歴史の空気を体感しました。

 

 幸運なことに、この日はちょうど 「角館のお祭り・やまぶっつけ」 が開催され

数時間前まで静寂な雰囲気の武家屋敷通りが、大賑わいとなりました。

 

曳山を引いていた地元の人と少しお話しをしたら、

「この黒い法被を着ているのは、江戸時代から続く町内なんだよ」

「今日はこれから、佐竹の殿様にやまを見せに行くんだよ」……と、興味深い お話。

ーーさすが、歴史の生きている町ーー言う事が違うなぁ、と感心。🤔

このあたりの武家町は、佐竹北家が入部以来390年余り、道路の幅から曲がり角一つ

まで、そのまま残っているのだとか!

町の人たちの伝統を守る意識もちょっと違うんですねー

 

f:id:yamaboushitan:20170914092321j:plain

夜はこの曳山をぶっつけあうという 見せ場があるそうです。

f:id:yamaboushitan:20170914102514j:plain

角館のお祭り    (ユネスコ無形文化遺産・国指定重要無形民俗文化財) 指定

 

思いがけなく、伝統ある珍しいものを見れてラッキーでした。

 

今度は桜の満開の頃、ゆっくり、又訪れたい場所です。