読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が幸せ

幾つになっても興味と好奇心を持つ事を忘れないで前向きに生きてます。

真夏でも寒い☃氷穴、風穴

天然記念物の2つのトンネル式溶岩洞窟

鳴沢氷穴富岳風穴に行ってきました。

f:id:yamaboushitan:20160820173303j:plain

鳴沢氷穴、……真夏でもその中は“0度” 

 

今から1100年以上前、富士山の噴火により流れ出た溶岩が、徐々に冷めて

収縮する際、中のガスが噴出した後に残った空洞が、鳴沢氷穴です。

 

f:id:yamaboushitan:20160820173401j:plain

夏休み中ということもあり、子供連れの観光客がいっぱいでした。

自然観察にはとても良いところです。

 

縦穴型洞窟なのでここから急な狭い階段を降りていきます。

もう空気がヒンヤリとしてきました。

 

f:id:yamaboushitan:20160820173428j:plain

 

所々天井が低い所があるので腰を低くして屈んで歩かなければなりません。

足元も濡れているので注意しないと滑りそうでしたが、手すりが付いているので、

何とか無事に通過できました。

 

f:id:yamaboushitan:20160820174634j:plain

冬から春にかけては大きな氷柱ができるそうです。

真夏の今は、こんな感じでした。

f:id:yamaboushitan:20160820173547j:plain

氷の壁はだいぶ溶けていましたが、それでもこんな氷の塊が残っていました。

f:id:yamaboushitan:20160820173614j:plain

普通はグルッと回って15分位と書いてありましたが、この日は混雑していたので、

30分位かかりました。

駐車場もかなり数はあるのですがほとんど満車でした。

 

次は、神秘的な樹海の中にある、風穴に向かいました。

f:id:yamaboushitan:20160820181016j:plain

 

流れ出た溶岩流の上部が先に固まり、下部の溶岩がそのまま流れ続け、

その間にできた隙間が固まってできた空洞が、富岳風穴です。

ここは、なだらかな横穴洞窟で、氷穴に比べると広々としています。

樹海にぽっかり大きな口を開けた入り口の階段を下って行くと

急に空気がひんやりとしてきます。

出てくる時には眼鏡が一瞬で曇ってしまいました。🤓

それだけ温度差がある証拠です。

 

f:id:yamaboushitan:20160820181035j:plain

一年中、0度から3度に保たれているので、

昭和30年頃まで蚕の卵や樹木の種の貯蔵庫として実際使われていたそうです。

 

f:id:yamaboushitan:20160820181110j:plain

 

f:id:yamaboushitan:20160820205008j:plain

 

露出している樹木の根f:id:yamaboushitan:20160820181126j:plain

 

流れ出た溶岩が固まってできた、溶岩の棚

f:id:yamaboushitan:20160820181141j:plain

 自然が作り出した不思議な世界でした。

 

そして、「鳴沢道の駅」でちょっとひと休み🤗

朝採りの山梨名産のトウモロコシと、今が旬の桃、

他にもキュウリやナス、トマトなど

新鮮な野菜をたくさん買って帰りました*\(^o^)/*

 

みずみずしくて最高に美味しかったです😋🌽