読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が幸せ

幾つになっても興味と好奇心を持つ事を忘れないで前向きに生きてます。

ルートヴィヒ2世の夢の城「リンダーホーフ城」

昨日無事に帰ってきました。

時差ぼけでボーッとしてますが…定時に目が覚めました(^∇^)

今日からやっと平常な生活に戻ります。

 

ドイツ ドライブ旅行のつづき

f:id:yamaboushitan:20160515074451j:plain

 

のどかな田舎道を走り、まず向かったのは、バイエルンルートヴィヒ2世が建てた

3つのお城のうち唯一完成し、長期間滞在したというお城リンダーホーフ城です。

広大な敷地内に宮殿と綺麗な庭園を持ち

フランスのヴェルサイユ宮殿を小さくした様なお城です。

実際、フランスのルイ14世に傾倒していた王様がベルサイユ宮殿を手本にして造らせたお城だそうです。

リンダーホーフ城 - Wikipedia

 

f:id:yamaboushitan:20160515074618j:plain

 

ここはバイエルンアルプスを背にした山間の緑豊かな所に建っています。

車がないとアクセスはちょっと不便ですが、

ミュンヘンから日本語日帰りツアーも出ています。

ノイシュヴァンシュタイン城ほど観光客がいないため、とても静かです。

 

f:id:yamaboushitan:20160515064312j:plain

 

 美しい中庭の金色の女神像噴水

f:id:yamaboushitan:20160515064418j:plain

運の良い事に、30mもあるという噴水が

ガイドツアーの時間待ちをしている間に丁度吹き出しました。\(^o^)/

f:id:yamaboushitan:20160515064532j:plain

 

1878年に完成の白亜の宮殿

 意外にこじんまりした外観です。

f:id:yamaboushitan:20160515064454j:plain

 

見学は英語ガイドでしたが、日本語の説明書を貸してくれました。

(残念ながら中は撮影禁止でした)

小さな宮殿ですが建物の中は豪華絢爛!贅を尽くした造りです。

マイセンの特注シャンデリアや磁器製の孔雀の置物など目を瞠るものばかりでした。

引きこもりで、極力人と顔を合わせようとしなかった王様は、給仕が部屋にこなくて

も食事ができる様に、テーブルが階下に降りる珍しい仕掛けも造らせています。

宮殿の外からその仕掛けを見ることもできました。

 

宮殿の 裏側の庭園

狂王といわれ一人夢想の世界に籠っていたとされるルートヴィヒ2世

毎日宮殿の窓からどんな思いでこの風景を眺めていたのでしょう?

 

f:id:yamaboushitan:20160515064627j:plain

庭園の奥にあるという、王様のこだわりの洞窟「ヴィーナスの洞窟」見学は、

時間のない為断念…😔

ワーグナーに心酔していた王様が、オペラ(ヴィーナスの洞窟) をイメージして造った

という不思議な洞窟らしいです。

 

 

駐車場のある入り口近くにはホテルもありました。

丁度お昼だったのでここのレストランでランチにしました。

f:id:yamaboushitan:20160515082217j:plain

 

写真を撮り忘れましたが………

この日のランチは、

ドイツでも人気の料理、ヴィーナーシュニッツェル(仔牛のカツレツ) 、

美味しかったです(^∇^)