今が幸せ

幾つになっても興味と好奇心を持つ事を忘れないで前向きに生きてます。

英国にお悔やみカードを送る

スイスの娘から、

ムコ殿のお父さんが亡くなった………との訃報が届きました。

こういう時は、日本の様に御香典(現金)を贈る風習はなく、

何はともあれ、お悔やみカードを送るのが、英国の習慣だそうです。

早速、文房具屋さんに行って探しましたが、クリスマスカードや

バースデーカードは色々あっても、お悔やみカードはありませんでした。

仕方がないので、地味なセピア色の花柄の便箋と封筒のセットを求めて

手作りする事にしました。

白い花の写真をダウンロードして、そこに文字を入れました。

写真用紙にプリントして、便箋に貼り付けたら、

なんとかカードらしくなりました(^∇^)

 

中の手紙は、"英文でお悔やみ例文"   から適当な文章を探して、

ペンで手書きにしました。

これは、プリントした物より、下手でも手書きの方が

こちらの気持ちが通じるのではないかと思いました。

お父さんとは、娘の結婚式の時に会ったきりですが、温和な素敵な紳士でした。

高齢のお母さんが一人残されて寂しくなるのではと………心配です。

お母さん宛に速達で出しました。 

f:id:yamaboushitan:20151129135542j:plain

 

 英国のお葬式は、どういう事をするのかわかりませんが、

日本の様に2〜3日で通夜、告別式、とかではなく、

1週間〜10日後ということもあるようです。

 

どうするにしても、親は英国(スコットランド)、ムコ殿(長男)はスイス、

お姉さん(長女)はイングランドと、遠く離れて住んでいるので、

段取りが大変そうです。

🙏