読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が幸せ

幾つになっても興味と好奇心を持つ事を忘れないで前向きに生きてます。

旅行記4・水の都ベニスへ

 

f:id:yamaboushitan:20151024220231j:plain

 

ミラノの歴史と芸術に触れた、楽しい2日間を過ごし、

私達は、ミラノ中央駅から列車でベネツイアへ向かいました。

 

いよいよ水の都ベニスです。♪( ´▽`)

列車から降り、駅を出ると、目の前はもう運河です。

此処からは電車も車も入ることが出来ません。

運河が道路の代わりで、水上バス水上タクシーに乗り換えて移動します。

 

別世界に来た様で、もうここからワクワク😀してきました。

 

私達は、リアルト橋で船を降り、ホテルを探しました。

石畳の狭い道路が迷路の様で、スーツケースを引いて歩くのは大変でした。

少し迷って、やっとホテルを発見!

これが個人旅行の醍醐味でしょうか?迷うのも良い思い出です。

個人がやっているペンションの様なホテルでした。ここに2泊します。

 

さあ〜、テェックインして、早速観光に出発です♪( ´▽`)

 

 

 この日は、夕方からのセレナーデ付きゴンドラツアーを予約してあったので、

迷路のような狭い通りを、可愛いお店のウインドウを覗きながら、

ぶらぶらとゴンドラ乗り場に向かいました。

ここで、ちょっと空模様が怪しくなり、雨がポツポツ☔️ 🌀してきました。

 見ていると、ゴンドラ漕ぎのお兄さんたちが、慌てて、船から降りだして、

サーと何処かに雨やどりに走り出しました。

 

間も無く……すごいドシャ振りになってしまい、

私達も、お店の軒下からしばらく動けませんでした。

ゴンドラに乗ってる時でなくて良かった^_^;^_^;

 

私たちが乗る時間には、雨は上がり、

ゴンドリエーレがせっせと船の中に溜まった水を掻き出して、

人が座れるようにしてくれました。

 

 

 カッコ良いゴンドリエーレのおじさん達。

f:id:yamaboushitan:20151024220129j:plain

隣のゴンドリエーレと、何やら、ずーとお喋りしてました。

 

 

f:id:yamaboushitan:20151025141545j:plain

このツアーは、5〜6艘のゴンドラが一組になり、その中の1艘に歌手とアコーディオン奏者が乗ってきます。色々な国の人が、みんなでその歌を聴きながら、運河を巡ります。

この歌手のおじさんが、とても歌が上手くて、ラッキーでした。

順番に船の近くに寄って来てくれるので、とても楽しめました。

f:id:yamaboushitan:20151025140734j:plain

 

 

 こんな低い橋の下も上手に潜りますー^_−☆

f:id:yamaboushitan:20151025141028j:plain

念願のゴンドラに乗れて、とても満足\(^o^)/ 

 

この日のディナーはホテルで教えてもらったレストランで ,

美味しい地元のお料理をいただきました。

 

つづく。