読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が幸せ

幾つになっても興味と好奇心を持つ事を忘れないで前向きに生きてます。

高野山

旅行記

 

だいぶ前の事になりますが、

お盆の、8月13日に行われる高野山ろうそく祭りに行ってきました。

 

奥の院参道に10万本のろうそくが灯されるという、厳かで幻想的な雰囲気を、

楽しみに出かけました。

ところが、前日までのカンカン照りは何処へやら、

当日は今にも降りそうな曇り空、でも、まあ、涼しくて良いか……

雨さえ降らなければ…………と願いながら、バスは、今夜泊まる宿坊へ。

初めての宿坊体験です。どんな所かと少々不安^_^;

それぞれ個室になっていたけれど、トイレ、洗面所は共同、部屋の中からは鍵がかか

るが、外からはかけれない。布団は、昔懐かしいせんべい布団。^_^;☆〜(ゝ。∂)

でも、思ったよりは、綺麗で、快適に過ごせました。

 

さて、美味しい、精進料理の夕食も済み、いよいよろうそく祭りへ。

念の為、傘を持って出発です。

参道入り口は、ろうそくを貰う人達で、行列ができていました。

1人5本ずつ配っていました。

細い参道には既に、ロウソクが何本も灯っていました。

私達も、人の波を掻き分けながら、貰ったろうそくに、火をつけて、空いているとこ

ろを見つけて挿していきました。

(昼の間に、参道の両脇にろうそくを挿せるように、アルミホイルを貼ったパネ

ルが用意されていました)

 

ところがです!まだ 始まったばかりなのに、雨が☔️降ってきました。

しかも、大雨‼️

ロウソクは消えてしまい、参道は真っ暗です。

傘をさしても、他の人の傘から落ちる雨で、直ぐにビショビショに(ー ー;)

傘がなくて、ずぶ濡れで歩いている、浴衣を着た外国人もいました。

私達は、途中で引き返すこともできず、雨の中、暗い参道を、出口の集合場所目指し

てひたすら歩きました。

散々な、ろうそく祭りでしたが、かえって、忘れられない思い出になりました。

 

 

これは、高野山開創1200年を記念して172年ぶりに再建された 壇上伽藍の中門

f:id:yamaboushitan:20150917090222j:plain

 

 

金剛峯寺 正門f:id:yamaboushitan:20150917090306j:plain

 

金剛峯寺  主殿f:id:yamaboushitan:20150917090331j:plain

 

 

 

石庭

f:id:yamaboushitan:20150917090351j:plain

 

 

 

 

奥の院

テレビ番組の中継を見て、一度行ってみたいと思っていた所です。

厳粛な雰囲気で圧倒されます。

しかし、この日はろうそく祭りということもあってか、

観光客?参拝客?が多過ぎて、厳粛さが、余り感じられず、

思ったより、観光地化されているな……という印象でした。

説明してくれた、ガイドさんが、忙しすぎて、テンポについて行けなかった☆〜

又、ゆっくり個人で行きたい所でした。

f:id:yamaboushitan:20150917090423j:plain

f:id:yamaboushitan:20150917090442j:plain

f:id:yamaboushitan:20150917090500j:plain

 

 

 

壇上伽藍  根本大塔

弘法大師と弟子の真然大徳によって創建。真言密教のシンボルとして日本で最初に建立された多宝塔。

f:id:yamaboushitan:20150917090144j:plain